HOME » フラワースクールの選び方3つのポイント » 教育給付金が適用される講座か確認する

教育給付金が適用される講座か確認する

東京でフラワースクールを選ぶ際に、教育訓練給付金や母子家庭自立支援教育訓練などの給付金が適用されるスクールのほうがお得です。ここでは、この2つの給付金制度について詳しく解説します。

教育訓練給付金とは

教育訓練給付金とは、雇用保険の給付制度です。職業能力のスキルアップや、再就職の促進を図ることを目的に、厚生労働省が指定した教育訓練講座を受けた場合、その費用の一定割合に相当する金額がハローワークから支給される仕組みです。

保険適用で現在働いている人にも、現在離職している人にも、一定の条件を満たしていれば給付されます。

母子家庭自立支援教育訓練とは

雇用保険に加入していない場合でも、未成年を扶養している母子家庭の母や父子家庭の父であれば、上記の雇用保険の教育訓練指定講座を受けた場合には、その費用の20%が給付される制度です。所得水準などの一定要件があります。

この制度は、厚生労働省と自治体が協力して実施している制度で、自治体により要件や支給率が異なります。

教育給付金が適用される東京のフラワースクールは

2つの給付制度に該当する方は、この制度を利用するほうが断然お得です。

しかし、この給付制度を受けるためには、厚生労働省が指定した教育訓練講座を受講する必要があります。

フラワー関係の講座で、この教育訓練給付制度が認可されているのは全国でも7法人と少なく、東京では、ノーブルフラワーデザインスクール新宿校・小岩校、フラワーサロンミキ アートスクール銀座校、エイムフローラルデザインスクールの3校です。

おすすめはノーブルフラワーデザインスクール

ノーブルフラワーデザインスクールは、新宿校のみでなく小岩校(江戸川区)、横浜校(横浜市ではノーブルフラワーデザインスクールのみ認可)ともに、給付金講座が適用されます。

給付金適用コースを受講する生徒なら、通っている教室だけでなく、他教室に振替も可能なんです。さらに、授業内容に加え、授業料や教材費、受講システムなどの面をあわせて考えると、1番お勧めのフラワースクールだといえます。

【随時更新!】おすすめスクールの体験入学に行ってきました♪♪♪